日記

1919

昭和40年代・ナショナル・電気掛時計・TE-3436・角型・白X黄(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
昭和40年代頃のアンティーククロックのナショナル・電気掛時計・TE-3436・角型・黄色(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。白い樹脂製ボディーに黄色文字盤に高植された白のインデックスが70年代の雰囲気が漂います。本来この時計はコンセントで動くモーター式ムーブメントで時間が不正確で修理も不可能に近いので、電池で静かに動き正確なクォーツ(月差20秒以内)に交換しており安心してお使い頂けます。また雰囲気に合わせて秒針のスーと動くスイープ運針の機械を選びましたので良い雰囲気です。モーター音&チクタク音はありませんのでとても静かです。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。
1970年代・セイコー・トランジスター・クロック・TA-609・学校用・掛け時計・中期型(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
1970年代のアンティーク・クロックのセイコー・トランジスター・クロック・TA-609・学校用・掛け時計・中期型(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。 服部時計店の製造部門事業部の「精工舎」として1892年創立し現在も「セイコー」として時計を製造しております。短めな朱色の秒針でドームガラスの中期型で、数字が大きく見易いです。本来この時計はトランジスター式ムーブメントでチャッチャと音が煩く元々時間も1週間で1分程度ずれ、修理も不可能に近いので、電池で静かに動き正確なクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。スイープ運針(秒針が流れる様に動く)ムーブメントで落ち着いた雰囲気です。コチコチ音はありませんのでとても静かです。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。また加工が雑な場合取れたりずれたりしますが独自技術で精巧に加工しております。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直し、ほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化したのはムーブメントが変わっただけの完璧な仕上がりです。
昭和初期頃・精工舎・振り子時計・#2705(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
昭和初期頃の古時計の精工舎・振り子時計・#2705(電池式・クォーツ改造)です。精工舎は現セイコー・服部時計店の製造部門事業部「精工舎」として1892年創立されました。黒に近い焦げ茶色の漆塗りでレギュレター窓が1つの精工舎らしい定番のスタイルです。本来この時計は鍵でゼンマイで巻く機械ですが、チクタク煩く元々精度が悪く14日毎ゼンマイを巻かなければいけなく、時間が狂ったり止まったりするので、電池で静かに正確に動くクォーツ(月差20秒以内)に交換しており故障も非常に少なく時間も正確に安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動き、チクタク音&時打(鐘の音)はありませんのでとても静かです。外観はオリジナルのままで振り子もオリジナルが動きます。電池寿命は約1年です。ムーブメント交換に伴い変えられやすい針や振り子もオリジナルを加工し使用しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直しほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、ムーブメントだけが変わり外観の変化は全く無い完璧な仕上がりです。
昭和初期頃・オキュパイド・ジャパン・明治時計・振り子時計(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
昭和初期頃の古時計のオキュパイド・ジャパン・明治時計・振り子時計(電池式・クォーツ改造)です。明治28年10月24日名古屋市に出来たメーカーで振り子時計などで有名です。オキュパイド・ジャパンとは日本が第二次世界大戦で敗戦し、その後アメリカの占領下となりました。その1946-1952年の間、日本から輸出する物にはMade in Japanだけではなく、Made in Occupied Japan(占領された日本製)とする事を義務付けられました。控えめな装飾です。本来この時計は鍵でゼンマイで巻く機械ですが、チクタク煩く元々精度が悪く8日に一度ゼンマイを巻かなければいけなく、時間が狂ったり止まったりし、定期的なオーバホールも必要なので、電池で静かに正確に動くクォーツ(月差20秒以内)に交換しており故障も非常に少なく時間も正確に安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動き、チクタク音&時打(鐘の音)はありませんのでとても静かです。外観はオリジナルのままで振り子もオリジナルが動きます。電池寿命は約1年です。ムーブメント交換に伴い変えられやすい針や振り子もオリジナルを加工し使用しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直しほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、ムーブメントだけが変わり外観の変化は全く無い完璧な仕上がりです。
大正頃・愛知時計・振り子時計・2302(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
大正頃のアンティーク柱時計の愛知時計・振り子時計(電池式・クォーツ改造)です。明治28年10月24日名古屋市に出来たメーカーで振り子時計などで有名です。素朴な感じのR型で全体的に良い味が出て良い雰囲気です。また四角く壁に添わせれば置く事も出来てディスプレイの幅が広いです。本来この時計は鍵でゼンマイで巻く機械ですが、元々精度が悪く8日に一度ゼンマイを巻かなければいけなく、時間が狂ったり止まったりするので、電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換しており故障も非常に少なく時間も正確に安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動きチクタク音&時打はありませんのでとても静かです。外観はオリジナルのままで振り子もオリジナルが動きます。電池寿命は約1年です。オリジナルを損ねるのでムーブメント交換に伴い変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。また加工が雑な場合取れたりずれたりしますが独自技術で精巧に加工しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直しほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、ムーブメントだけが変わり外観の変化は全く無い完璧な仕上がりです。
シチズン・電気子時計・学校用・設備時計・NO.7459(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
1990年代のアンティーク・クロックのシチズン・電気子時計・学校用・設備時計(電池式・クォーツ改造)です。本来は学校、会社、施設などの壁に取り付けて、電気コードで繋げて親時計で集中制御するものですが、電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり簡単にお使い頂けます。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針も、オリジナルを加工し使用しております。設備時計らしくシンプルです。
昭和初期頃・精工舎・振り子時計(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
昭和初期頃の古時計の精工舎・振り子時計(電池式・クォーツ改造)です。精工舎は現セイコー・服部時計店の製造部門事業部「精工舎」として1892年創立されました。明るい茶色の綺麗な木目とバランスの取れた装飾が特徴的です。レギュレター窓が3つに区切られた精工舎らしい定番のスタイルです。本来この時計は鍵でゼンマイで巻く機械ですが、チクタク煩く元々精度が悪く8日毎ゼンマイを巻かなければいけなく、時間が狂ったり止まったりするので、電池で静かに正確に動くクォーツ(月差20秒以内)に交換しており故障も非常に少なく時間も正確に安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動き、チクタク音&時打(鐘の音)はありませんのでとても静かです。外観はオリジナルのままで振り子もオリジナルが動きます。電池寿命は約1年です。ムーブメント交換に伴い変えられやすい針や振り子もオリジナルを加工し使用しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直しほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、ムーブメントだけが変わり外観の変化は全く無い完璧な仕上がりです。
1970年代・セイコー・トランジスター・クロック・TTX-630・木目調(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
1970年代頃のアンティーク・クロックのセイコー・トランジスター・クロック・TTX-630・木目調(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。綺麗な木目調のボディーに赤い秒針がレトロモダンな雰囲気です。本来この時計はトランジスター式ムーブメントでチャッチャと音が煩く元々時間も1週間で1分程度ずれ、修理も不可能に近いので、電池で静かに動き正確なクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。スイープ運針(秒針が流れる様に動く)ムーブメントで落ち着いた雰囲気です。コチコチ音はありませんのでとても静かです。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。また加工が雑な場合取れたりずれたりしますが独自技術で精巧に加工しております。6時位置の時間調整ノブも飾りですが取り付けオリジナルを忠実に再現致しました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直し、ほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化したのはムーブメントが変わっただけの完璧な仕上がりです。
1960年代・アメリカ・ゼネラル・エレクトリック・インダストリアル・スクール・クロック・2012(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
1960年代頃のアメリカのアンティーク・クロックのゼネラル・エレクトリック・インダストリアル・スクール・クロック・2012(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。ゼネラル・エレクトリックは1878年トーマス・エジソンがエジソン電気照明会社を設立したのが始まりでのアメリカのメーカーです。 茶色の樹脂製ボディーにドーム型ガラスで水色の秒針がレトロな雰囲気です。本来この時計はコンセントで動くモーター式ムーブメントですが、電圧も違い元々精度が悪いので、電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。ムーブメント交換に伴い、違うデザインの物に変えられやすい針も加工し使用しております。雰囲気に合わせて秒針がスーと動くスイープ運針に機械にしてあります。裏のムーブメントカバーはネジを緩く閉めておけば容易に手で外せるので敢えて残しております。
大正頃・精工舎・丸型・振り子時計・手巻式(セコンドインジケーター付・電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
大正頃の古時計の精工舎・丸型・振り子時計・手巻式(セコンドインジケーター付・電池式・クォーツ改造)です。精工舎は現セイコー・服部時計店の製造部門事業部「精工舎」として1892年創立されました。丸時計では王道とも言うべき精工舎で、その中でも最初期型と思われる紙製文字盤です。ボディーは焦げ茶色のケヤキ木で長年愛でられた良い色艶が出ています。元々は6時位置の丸い小窓は振り子と連動して小型の振り子がセコンドインジケーターとして動く仕組みで、それをオリジナルと同じセコンドインジケーターとして動く様に致しました。本来この時計は8日毎にゼンマイを巻く機械ですが、電池で静かで正確に動くクォーツ(月差20秒以内)に交換しておりますので安心してお使い頂けます。チクタク音及び時打ち機能(鐘の音)はありませんのでとても静かです。約1年間は電池交換不要で動き非常に使い易いです。ムーブメント交換に伴い、違うデザインの物に変えられやすい針を加工し使用しております。針の中心部分の金具も忠実に再現いたしました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直し、ほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化したのはムーブメントが変わっただけの完璧な仕上がりです。
セイコー・トランジスター・TTSX755(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
1970年代頃のセイコー・トランジスター・TTSX755(電池式・クォーツ改造)です。 木枠でレトロな雰囲気です。本来この時計はトランジスター式ムーブメントですが、元々精度が悪いので、乾電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。ムーブメント交換に伴い、違うデザインの物に変えられやすい針も、オリジナルを加工し使用しております。時打ち機能はありません。
1970年代・セイコー・トランジスター・クロック・TTF-531・緑・バス時計・防塵時計・ファーストモデル(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
1970年代頃のアンティーク・クロックのセイコー・トランジスター・クロック・TTF-531・緑・バス時計・防塵時計・ファーストモデル(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。ドーム型ガラスで赤い秒針の最初期型です。本来この時計はトランジスター式ムーブメントで「チャッチャッチャ」と音が煩く元々精度が悪く1週間で1分前後は狂い修理も不可能に近いので、電池で静かに正確動くクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。スイープ運針(秒針が流れる様に動く)ムーブメントで落ち着いた雰囲気です。コチコチ音はありませんのでとても静かです。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。また加工が雑な場合取れたりずれたりしますが独自技術で精巧に加工しております。6時位置の時間調整ノブも飾りですが忠実に再現いたしました。 新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直し、ほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化は無い完璧な仕上がりです。
1960年代・アメリカ・ゼネラル・エレクトリック・インダストリアル・スクール・クロック・2008A・茶(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
1960年代頃のアメリカのヴィンテージ・ウォール・クロックのゼネラル・エレクトリック・インダストリアル・スクール・クロック・2008A・茶(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。ゼネラル・エレクトリックは1878年トーマス・エジソンがエジソン電気照明会社を設立したのが始まりでのアメリカのメーカーです。 小型の茶色の樹脂製ボディーにドーム型ガラスで水色の秒針がレトロな雰囲気です。本来この時計はコンセントで動くモーター式ムーブメントで周波数で動くので日本では使う事が出来ない地域もあり、また100V電源で漏電の恐れもあり修理も不可能に近いので、電池で静かに動き正確なクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。オリジナルと同じ秒針がスーと動くスイープ運針に機械にしてあります。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針も、オリジナルを加工し使用しております。また加工が雑な場合取れたりずれたりしますが独自技術で精巧に加工しております。秒針の中心部分もリベット状の物を付けずオリジナルのまま加工致しました。6時位置の時間調整ノブは飾りですが取り付けました。裏のムーブメントカバーはネジを緩く閉めておけば容易に手で外せるので敢えて残しております。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直しほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化したのは電源コードが無いだけの完璧な仕上がりです。
1960年代・ナショナル・バッテリー・クロック・BC101A・特殊・振り子時計・スピーカー型・レギュレター(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
昭和30年代頃のナショナル・バッテリー・クロック・BC101A・特殊・振り子時計・スピーカー型・レギュレター(電池式・クォーツ改造)です。ナショナル・バッテリー・クロックの代表作でレギュレター部分がスピーカーの様なデザインが印象的です。ボディーは木製でフロントパネルは樹脂製です。本来この時計は乾電池式モーターで動くトランジスター式の機械ですが、時間も不正確で故障も多く修理も不可能に近いので、精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に変更しておりますので安心してお使い頂けます。振り子も動き、チクタク音&時打ち機能はありませんのでとても静かです。オリジナルを損ねるのでムーブメント交換に伴い変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。素晴らしいデザインで特殊振り子のバーを排除した改造版です。
昭和40年代頃・アンバーガラス・器・ランプシェード(LEDフィラメント電球)が仕上がりました。
昭和40年代頃・アンバーガラス・器・ランプシェード(LEDフィラメント電球)です。アンティークの器を使ってランプシェードにリメイクしました。ご家庭のソケットにそのまま取り付けることが出来ます。レトロな雰囲気で長寿命で省電力のLEDフィラメント電球付き。
昭和30年代頃・愛知時計・アイチ・スーパー・エイト・30日巻・振り子時計(電池式・クォーツ改造) が仕上がりました。
昭和30年代頃・愛知時計・アイチ・スーパー・エイト・30日巻・振り子時計(電池式・クォーツ改造)です。明治28年10月24日名古屋市に出来たメーカーで振り子時計などで有名です。本来この時計は鍵でゼンマイで巻く機械ですが、元々精度が悪く30日に一度ゼンマイを巻かなければいけなく、時間が狂ったり止まったりするので、電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換しておりますので、故障も非常に少なく時間も正確に安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動き、チクタク音&時打はありませんのでとても静かです。外観はオリジナルのままで、振り子もオリジナルが動きます。電池寿命は約1年です。オリジナルを損ねるのでムーブメント交換に伴い変えられやすい針や振り子もオリジナルを加工し使用しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。
1970年代・セイコー・トランジスター・クロック・TTX-609・学校用・掛け時計・初期型(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
1970年代のアンティーク・クロックのセイコー・トランジスター・クロック・TTX-609・学校用・掛け時計・初期型(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。 服部時計店の製造部門事業部の「精工舎」として1892年創立し現在も「セイコー」として時計を製造しております。短めな朱色の秒針でドームガラスの初期型で、数字が小さくノーブルな雰囲気があります。本来この時計はトランジスター式ムーブメントでチャッチャと音が煩く元々時間も1週間で1分程度ずれ、修理も不可能に近いので、電池で静かに動き正確なクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。スイープ運針(秒針が流れる様に動く)ムーブメントで落ち着いた雰囲気です。コチコチ音はありませんのでとても静かです。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針もオリジナルを加工し使用しております。また加工が雑な場合取れたりずれたりしますが独自技術で精巧に加工しております。6時位置の時間調整ノブは飾りですが取り付けました。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直し、ほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化したのはムーブメントが変わっただけの完璧な仕上がりです。
1980年代・セイコー・クォーツ・クロック・QA480N・学校用・掛時計・グレー(電池式・クォーツ)が入荷しました。
1980年代頃のアンティーク・クロックのセイコー・クォーツ・クロック・QA480N・学校用・掛時計・グレー(電池式・クォーツ)です。服部時計店の製造部門事業部の「精工舎」として1892年創立し現在も「セイコー」として時計を製造しております。 清潔感のある白文字盤にグレー色のボディーが良い感じです。学校用掛時計は様々な大きさがありますが、これは直径36センチと教室用ぐらいの大きさで、一般的なお部屋に丁度良いサイズかと思われます。機械はオリジナルのクォーツ式で正確です。
大正頃・明治時計・丸型・振り子時計(電池式・クォーツ改造)が仕上がりました。
大正頃の明治時計・丸型・振り子時計・茶(電池式・クォーツ改造)です。定番の黒塗り色のボディーで良い味が出ています。元々精度が悪く8日に一度ゼンマイを巻かなければいけないので。電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換しておりますので時間も正確に安心してお使い頂けます。チクタク♪音&時打ち機能はありませんのでとても静かです。オリジナルを損ねるのでムーブメント交換に伴い変えられやすい針も、オリジナルを加工し使用しております。