日記

昭和30年代・光星舎・光星乾電池時計(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。

昭和30年代・光星舎・光星乾電池時計(電池式・スイープ・クォーツ改造)が仕上がりました。
昭和30年代のアンティーククロックの光星舎・光星乾電池時計(電池式・スイープ・クォーツ改造)です。光星舎は東京の時計メーカーで明治30年代頃に設立されました。味の出た金色の鉄製ボディーで赤い秒針がレトロです。本来この時計はトランジスター式ムーブメントですが、元々チャチャチャと音が煩く時間も狂い易く修理も不可能に近いので、電池で静かに動き正確なクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。また雰囲気に合わせて秒針のスーと動くスイープ運針の機械を選びましたので良い雰囲気です。ムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針も、オリジナルを加工し使用しております。

新商品

セール