大正頃・精工舎・八角型・振り子時計(電池式・クォーツ改造) [17D9]


大正頃のアンティーク柱時計の大正頃・精工舎・八角型・振り子時計(電池式・クォーツ改造)です。服部時計店の製造部門事業部の「精工舎」として1892年創立し現在も「セイコー」として時計を製造しております。ローマ数字文字盤で味の出た雰囲気が良いです。 本来この時計は鍵でゼンマイで動く機械ですが、元々精度が悪く8日に一度ゼンマイを巻かなければならないので。電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換しておりますので安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動きチクタク音&時打ち機能はありませんのでとても静かです。ムーブメント交換に伴い変えられやすい針や振り子もオリジナルを加工し使用しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。八角時計は地味にクォーツ化が困難なモデルです。
大きさ:縦55X横30X厚さ11.5cm。
※古い物なの経年の汚れと傷はあります。
大正頃・精工舎・八角型・振り子時計(電池式・クォーツ改造) [17D9]

サイズ: 17 

アンティーク・クロック,アンティーク・掛け時計,アンティーク・振り子時計,柱時計,古時計,ヴィンテージ・クロック,ボンボン時計,レディースアンティークウォッチ,レディース・アンティーク時計,レディースアンティーク腕時計,ヴィンテージウォッチ,電池式,クォーツ改造,神戸