昭和中期頃・愛知時計・アイチ・スーペリア・振り子時計(セコンドインジケーター付・電池式・クォーツ改造) [15J11]


昭和中期頃のアンティーククロックの愛知時計・アイチ・スーペリア・振り子時計(セコンドインジケーター付・電池式・クォーツ改造)です。明治28年10月24日名古屋市に出来たメーカーで振り子時計などで有名です。スーペリアの名らしく木製ケースの表面は革が張られた凝った仕様です。元々は6時位置の丸い小窓は手巻の残量が無くなると赤くなるのですが、少し凝って振り子と連動して赤から白に動くセコンドインジケーターに改造し、面白いギミックの時計に仕上がりました。1970年代のアンティークウォッチで同じ様なインジケーター付きの物でテクノス・カイザー・シグナル及びドラゴン・シグナル、セイコー・クォーツ・VFAはランプですがありました。本来この時計は鍵でゼンマイで巻く機械ですが、元々精度が悪く30日に一度ゼンマイを巻かなければいけなく、時間が狂ったり止まったりするので、電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換しており故障も非常に少なく時間も正確に安心してお使い頂けます。オリジナルの振り子も動きチクタク音&時打はありませんのでとても静かです。外観はオリジナルのままで振り子もオリジナルが動きます。電池寿命は約1年です。オリジナルを損ねるのでムーブメント交換に伴い変えられやすい針や振り子もオリジナルを加工し使用しております。針の中心部分の取り付け金具も取り付けオリジナルを忠実に再現いたしました。
大きさ:縦44X横24X厚さ10.5cm。
※古い物なの経年の汚れと傷はあります。
昭和中期頃・愛知時計・アイチ・スーペリア・振り子時計(セコンドインジケーター付・電池式・クォーツ改造) [15J11]

サイズ: 15 

アンティーク・クロック,アンティーク・掛け時計,アンティーク・振り子時計,柱時計,古時計,ヴィンテージ・クロック,ボンボン時計,レディースアンティークウォッチ,レディース・アンティーク時計,レディースアンティーク腕時計,ヴィンテージウォッチ,電池式,クォーツ改造,神戸