昭和初期頃・精工舎・振り子時計(棒リン・電池式・クォーツ改造) [15C3]


昭和初期頃のアンティーク・振り子時計の精工舎・振り子時計(棒リン・電池式・クォーツ改造)です。服部時計店の製造部門事業部の「精工舎」として1892年創立し現在も「セイコー」として時計を製造しております。高さ48センチと精工舎では標準サイズで可愛い時計です。黒に近い赤茶色の本漆塗りの艶が豪華な時計です。振り子もオリジナルが動き、オリジナルの棒リン(ストレート鐘)を叩いて当時のままのオリジナルの良い音が鳴ります(正時に時報と半時に鐘が鳴ります)。また右側面にスイッチを設けてチャイムを消すマナーモード機能付きです。本来この時計は8日毎にゼンマイを巻く機械ですが、乾電池で約1年は電池交換不要で動く精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換しておりますので安心してお使い頂けます。振り子も動き、オリジナルを損ねるのでムーブメント交換に伴い変えられやすい針も、オリジナルを加工し使用しております。外観及び鐘の音まで電動で再現した小型で高性能な逸品です。
大きさ:縦48X横24X厚さ12cm。
※古い物なの経年の汚れと傷はあります。
昭和初期頃・精工舎・振り子時計(棒リン・電池式・クォーツ改造) [15C3]

サイズ: 15 

アンティーク・クロック,アンティーク・掛け時計,アンティーク・振り子時計,柱時計,古時計,ヴィンテージ・クロック,ボンボン時計,レディースアンティークウォッチ,レディース・アンティーク時計,レディースアンティーク腕時計,ヴィンテージウォッチ,電池式,クォーツ改造,神戸