1950年代・西ドイツ・キンツレー・アパレイト・GMBH・インダストリアル・タコグラフ・クロック(電池式・クォーツ改造) [13B5]


1950年代頃の西ドイツ製・キンツレー・アパレイト・GMBH・インダストリアル・タコグラフ・クロック(電池式・クォーツ改造)です。1883年ヤコブ・キンツレーがシュレンカー家に入り立ち上げ拡大したメーカーです。またタコグラフは自動車に搭載される運行記録用計器の一種で、運行時間中の走行速度などの変化をグラフ化することでその車両の稼動状況を把握できるようにした計器です。 重い鉄製でどこか潜水艦の様な雰囲気があります。本来この時計は手巻式の機械で毎日ゼンマイを巻かなくてはならず、また1日1分程度の日差があり大変なので、電池で動き精度の高いクォーツ(月差20秒以内)に交換してあり正確に安心してお使い頂けます。ムーブメント交換に伴いムーブメント交換に伴い違うデザインの物に変えられやすい針もオリジナルを使用しております。6時位置のセコンド・インジケーターは飾りで赤に固定しております。新しいムーブメントに合わせてオリジナルの部品を加工し直し、ほぼ全ての部品を元の位置に取り付けたので、外観で変化の無い完璧な仕上がりです。
大きさ:直径14.5X厚さ5.5cm。
コンディション:古いものですので多少傷&汚れがあります。※ガラスに少し傷があります。鍵はありません。
1950年代・西ドイツ・キンツレー・アパレイト・GMBH・インダストリアル・タコグラフ・クロック(電池式・クォーツ改造) [13B5]
アンティーク・クロック,アンティーク・掛け時計,アンティーク・振り子時計,柱時計,古時計,ヴィンテージ・クロック,ボンボン時計,レディースアンティークウォッチ,レディース・アンティーク時計,レディースアンティーク腕時計,ヴィンテージウォッチ,電池式,クォーツ改造,神戸